• image05

すべては、「世界に誇れる日本」をつくるために。

物心ついた頃から水平線のずっと先をぼうっと見ていることが好きだった私に、父親は、『「太」の名前は世界をつなぐ一番大きな海、太平洋の「太」なんだから、お前は大きな心をもって生きていけ』とよく言い聞かせてくれました。
「この海の向こうにある外の世界を見てみたい」そんな衝動がいつも私の心の中にありました。
今にして思うと、「世界の中の日本」を思う私の原点は、この幼少時代に育まれたように思います。

「世界に誇れる日本」をつくる。
そんな思いでひとり島を飛び出し、日本を飛び出し、夢を描いては挫折を繰り返してきました。

今、日本は多くの問題を抱え、政治は国民の皆さんの信頼を失ってしまっています。
出口の見えない不況。将来に希望が持てない社会。
家族関係・人間関係はますます希薄になり、日本を取り巻く国際情勢は日々緊張が高まっています。
そんな中でも、国民の皆さんは懸命に働き、学び、頑張っている。
まさに皆さん一人一人が、この日本を支えています。

そんな皆さんへの感謝を忘れず、一人一人のお声を真摯に受けとめ、誰もが将来に希望を持ち、安心して暮らせる日本をつくる。
社会の隅に追いやられている方や、弱い立場に置かれている方、すべての国民の生活を見据えた、「ど真ん中」の政治を実現する。
米国に暮らしていたころ、社会的弱者が容赦なく切り捨てられていく現実を目の当たりにして、私はそう決意しました。

私、太ひでしは、今こそ皆さん一人一人の力をお借りして、百年後の日本のため、そして世界の繁栄のために、「世界に誇れる日本」をつくってまいります。

太ひでしの活動写真

Layout mode
Predefined Skins
Custom Colors
Choose your skin color
Patterns Background
Images Background